くまもとボクサー応援サイト

熊本ボクシング

2017 全国選抜 重岡銀次朗

『全国選抜最終日、決勝の結果!』

投稿日:2018-12-03 更新日:

岐阜県は『OKBぎふ清流アリーナ』にて連日熱戦が繰り広げられていた『第28回 全国高等学校ボクシング選抜大会』!
本日いよいよ最終日となり、各階級で決勝戦が行われました。
熊本県勢としてはPi級の重岡とF級の竹見の2人が決勝に進出しておりましたが、先ほど全競技が終了しました!
以下、本日決勝戦の結果です!

《全国選抜最終日 決勝戦結果》

《Pi級 決勝》
重岡 銀次朗 (開新)
VS
片岡 亜沙人 (習志野/千葉)

○重岡のポイント勝ち!(4-1)

 

《F級 決勝》
竹見 浩史郎 (東海大星翔)
VS
中垣 龍汰朗 (日章学園/宮崎)

●竹見のポイント負け (0-5)

選抜最終日、決勝戦!
県勢は2人が決勝に進出しておりましたが、ピン級の重岡銀次朗が見事に大会連覇を達成!これで高校通算4つ目となる全国タイトルの獲得!おめでとうございます!

そしてフライ級で決勝に進出していた竹見浩史郎はポイント負けとなり惜しくも準V。しかしながらまだ1年生。まだまだこれからの活躍に期待のかかる大器です!これからも応援宜しくお願い致します!!

選手の皆さん、県関係の監督・引率の皆様、また連日ともに声を出し互いに応援した九州チームの皆様、大会お疲れ様でした!

連日の熱い戦い本当にありがとうございました!

 

カテゴリー

-2017 全国選抜, 重岡銀次朗

Copyright© 熊本ボクシング , 2022 All Rights Reserved.