くまもとボクサー応援サイト

熊本ボクシング

2016 インターハイ

『広島インターハイ 木庭 惜敗』

投稿日:2018-11-17 更新日:

熊本県高校ボクシング部OB会のみなさん、こんにちは。(^.^)

広島インターハイ4日目!
本日の結果! その①
熊本県勢4選手が参戦した今日の準々決勝戦。
今日のトップバッターは女子の部、木庭選手!

◎女子の部・フライ級
木庭 千里(九州学院)
VS
住吉 さくら(岩手・水沢工業高校)

 

九州学院3年の木庭は、機敏な動きとシャープなパンチが売りのレフティ。この広島のリングでも、自分の持ち味を十二分に発揮します!

1ラウンド目から、左右に動いてはサウスポースタンスからのコンビネーションブローを決めていきます。

しかしながら、住吉選手も好ボクサー。タイミングよくパンチを放ち応戦します。

 

試合全般を通じて両者の実力差はさほどないように感じましたが、勝負強さ・パンチのまと方が一枚上だったのは、地元国体を控える岩手の住吉さくら。

木庭は僅差ながら判定負けとなり、初戦突破ならず。

毎ラウンドの差は微差でも、結果は天地の差。

木庭選手としては悔しいと思いますが、次リングに上がる時は大きく成長した姿を見せてくれる事を期待しております。

木庭選手、お疲れ様でした。

カテゴリー

-2016 インターハイ

Copyright© 熊本ボクシング , 2022 All Rights Reserved.