くまもとボクサー応援サイト

熊本ボクシング

2016 新人戦 九州

『九州大会 女子の部で3人が九州チャンピオンに!』

投稿日:2018-11-15 更新日:

2016年1月23日

熊本県高校ボクシング部OB会のみなさん、こんにちは。(^.^)

九州新人戦2日目、試合結果のご報告です!
本日は女子決勝、男子準決勝が行わなわれました。

まずは決勝が行われた女子の部から。(*^^*)

本日の決勝に出場した県勢3選手は、トップバッターとしてピン級に登場した西垣里菜(熊工)が快勝して選抜への切符をゲットすると、勢いそのままに池本悠夏(熊農)も見事なボクシングで勝利!そしてラストに登場した木庭千里(九学)も、男子顔負けのスピード・パワーで圧倒し、無事に選抜切符を獲得しました!

 

終わってみれば、出場3選手全員が優勝し、3人の九州チャンピオンが誕生するという結果に!(^.^)
おめでとうございます!!

 

◎Pi級 西垣里奈(熊工) 優勝! (選抜へ!)

 


◎LF級 池本悠夏(熊農) 優勝!

 

 

◎F級 木庭千里(九学) 優勝! (選抜へ!)

 

また、今回は試合のなかったB級の西村零央(秀岳館)・Fe級の花田果歩(九学)も、昨日はスパーを行い見事な動きを披露してくれました!

今大会を盛り上げてくれた熊本のガールズボクサー5選手!これからもますますの活躍を期待してます!(^.^)

そして準決勝が行われた男子の部。
昨日勝利した5選手、試合のなかった2選手が登場しました。

 

ピン級の重岡銀次郎(開新)、バンタム級の村上龍誠(九学)、ライトウェルター級の岡田尚大(九学)、ウェルター級の柴田尊文(開新)、ミドル級の上田飛雄吾(城北)が勝利し、明日の決勝へ進出しました。
しかし、ライトフライ級の大窪泰雅(東海大星翔)・ライト級の小濱尚大(同)は悔しい判定を落とし、惜敗という結果となってしまいました。
準決勝に勝利して決勝進出となった時点で、出場枠が2選手となっているバンタム・ライトウェルター級は選抜行きが確定しました。村上龍誠選手(九学)・岡田尚大選手(同)、おめでとうございます!
ピン・ウェルター・ミドル級は各階級1人の枠となっている為、明日の優勝が選抜出場への条件となります。

明日は早くも最終日となりましたが、明日も決勝のリングに上がる県勢5選手の健闘を期待します!!

みなさん、明日も応援のほど宜しくお願いいたします。(^.^)

カテゴリー

-2016 新人戦 九州

Copyright© 熊本ボクシング , 2022 All Rights Reserved.