くまもとボクサー応援サイト

熊本ボクシング

2016 インターハイ

『岡田尚大 ライトウェルター級3位!』

投稿日:2018-11-17 更新日:

熊本県高校ボクシング部OB会のみなさん、こんにちは。(^^)

広島インターハイ5日目、準決勝! 本日の結果! その②

 

◎ライトウェルター級 準決勝

岡田 尚大(九州学院)
VS
湯場 海樹(宮崎・日章学園)

準決勝は同じ九州・宮崎の日章学園の強敵・湯場選手との対戦となった、熊本のスラッガー・岡田尚大。

昨日まで、2試合連続でのTKO勝利と好調な岡田は、いつもの様に距離をとりつつ威力十分の右を振るって出ます。

対するサラブレッドボクサーでありレフティの湯場選手は、足を使いながら左ストレート、右フックで応戦。
互いに互いを強敵と認めている二人。

両者、実力伯仲の一戦だけあって、最後まで緊迫した展開となりました。

 

勝負は判定となりましたが、結果は29-28の『3-0』で惜敗…。

しかし確かに結果は『3-0』でしたが、毎ラウンドが接戦であり、微差。勝利した湯場選手の喜び様からも、本当に接戦だった事が分かります。

 

本当に悔しい…。

しかし、一番悔しいのは当の本人であり、いつも熊本から応援に駆けつける御両親。
同じ九学出身のお父さんは、高校球児としては『スラッガー』として活躍しましたが、ボクシングは未経験。
しかし誰よりも尚大君を理解し、いつも陰ながら応援する最大のサポーター。

昨年の国体、そして春の選抜と準Vだった岡田選手。
『今回こそは何としても…!』という思いだった九学イチの努力家にとっては、今大会の成績は納得出来るモノではないかも知れません。
しかし、本来 全国大会での3位というのは十分過ぎる快挙であり、立派なモノ!
2試合連続TKOを含む3連日勝での勝ち上がりと、超絶な仕上がりを見せてくれていた今回。
ライトウェルター級としてはやや細身の、スラリとした体型のハンサムボーイは、昨年まで一つ下のライト級のリングで活躍していただけあって、まだこの階級の体は出来ていないのかも知れません。
それでも体のバネを使って、上腕をしならせながら打つ左右のパンチは破壊力十分の威力。
そのパンチングパワーは今大会ナンバーワンではないかと思うほどです。

次に待つは10月の『岩手国体』!
名門・九州学院ボクシング部の教えである『恐れず 傲れず 侮らず』を地でいく、芦北出身の好漢・岡田尚大は一度や二度の敗北で腐る様な男ではありません!
誰からも愛され、可愛がられる彼には、東北の大地できっと素敵な結果が待ってるはず!

先輩方、これからも応援のほど宜しくお願いします!

岡田選手、本当にお疲れ様でした!
激戦のライトウェルター級で全国3位は堂々と胸を晴れるモノ!
これからも更なる活躍を熊本OB一同、期待しております!

頑張れ!尚大!!

帰ったらまた練習だ~!!

カテゴリー

-2016 インターハイ

Copyright© 熊本ボクシング , 2022 All Rights Reserved.