くまもとボクサー応援サイト

熊本ボクシング

2015 全日本女子選手権 小村つばさ

『全日本女子選手権 小村つばさ初優勝!』

投稿日:2018-11-15 更新日:

熊本県高校ボクシング部OB会のみなさん、こんにちは。(^.^)

本日行われた全日本女子ボクシング選手権大会。
小村つばさ選手、シニアの部・ライトフライ級優勝!!
おめでとうございます!

お昼は『速報!』としてご報告した為、簡素な紹介しか出来ませんでした(((^^;)。
改めて、『新チャンピオン』をご紹介!(^.^)

 

~2015 LF級チャンピオン 小村つばさ~

1996年、11月生まれ。
小学校ではバスケット、中学校では陸上と、スポーツは何でもそつなくこなす『万能型』。
そんなスポーツガールのボクシングとの出会いは、中学生の時に鎮西高校OBである糸石光宏氏に誘わたのがきっかけ。
中学3年の頃から週に2回、1時間程の練習を始める様に。
次第に陸上よりもボクシングが楽しくなり、名門・東海星翔高校に入学後は本格的にボクシングに取り組み始める。
そこで恩師・本田雅士監督と出合う。
東海星翔ボクシング部のOBでもある、本田氏。既に母校で数人のチャンピオンを育てていた若き名監督は、入部してきた15才の少女の素質にいち早く気付き、この『原石』に基本から徹底的に指導。
自身も現役時代、強豪・日本大学で活躍したボクサーでもある本田氏は、自らが持つアウトボクシングのエッセンスを小村選手に注入。
それまで元来の強気な性格もあり、打ち合いに非凡な才能を見せていたレフティは、高校3年間で本田監督の指導の元『離れて上手く、打ち合って強い』という、現在のスタイルを確立。
かつて『城南のじゃじゃ馬』(*^^*)だった可愛い少女は、素晴らしき指導者にも恵まれ、高校1年時から熊本・そして九州では頭一つ飛び抜けた存在。
しかし、『更に上の舞台』の壁は厚く、一年目から女子選手権に出場するも、一回戦でジュニアの世界チャンピオンである、佐伯霞選手に敗退…。
そして2年時にも、準々決勝でまたしても佐伯選手と対戦し、リベンジならず3位…。

ジュニア最高学年となった昨年。
『監督に金メダルをあげたい…。』
その想いを胸に、初の決勝進出!
しかし、僅かの差で惜敗し、準V…。

なかなか届かない、『頂点』…。

それでも決して腐ることなく、常に上を見て猛練習の日々。
昨年の11月には、初めて全日本の合宿にも参加。
そして今年の3月に、自衛隊体育学校に『スーパー高校生』として採用。

自衛隊体育学校での厳しいトレーニングにも耐え、ついに今日、念願の日本一!

今回の快挙の報告を聞いた恩師・本田監督は、つばさ選手の素質・努力する才能を誰よりも知っているだけに、誰よりも喜んだとの事です!
そして『新チャンピオン』も、高校時代に叶える事が出来ずにいた優勝を、恩師に一番に伝えたかったとの事!

糸石氏との出会いでボクシングを始め、本田監督がその才能を開花。
そして自衛隊体育学校では、日本一の指導者陣の教えの元、日本一厳しい練習にも耐え、悲願のV!

これからは、『夢』だった五輪を『目標』へ!

新チャンピオンは熊本県生まれ、下益城・城南中学校出身の、ちょっぴりお茶目な19才。(*^^*)
好きな音楽は、『spicy chocolate』♪
好きな食べ物は、お母さんの料理ならなんでも!(^.^)

一人の女性としても魅力十分の、これから耀くニュースター!

熊本の星から日本の星となり、世界へ羽ばたく『つばさ』!

熊本県高校ボクシング部OB一同、小村選手の更なる飛躍を期待してます!

これからも頑張れ!チャンピオン!(^.^)

カテゴリー

-2015 全日本女子選手権, 小村つばさ

Copyright© 熊本ボクシング , 2022 All Rights Reserved.