くまもとボクサー応援サイト

熊本ボクシング

2016 新人戦 熊本

『県新人戦 最終日! 団体優勝は東海大星翔!』

投稿日:2018-11-17 更新日:

県新人戦、最終日の本日は各階級で決勝戦が行われました。

団体優勝は決勝に5名の選手を送り込み、3人の県チャンピオンを誕生させた東海大星翔。

高校総体に続いての団体V!

おめでとうございます!!(^^)

 

以下、各階級結果です。

《ピン級》
重岡 銀次朗 (開新高校)
VS
豊永 ゆう (開新高校)

○重岡のポイント勝ち (3-0)

 

《ライトフライ級》
大窪 泰雅 (東海大星翔)
VS
原田 真都 (九州学院)

○大窪のポイント勝ち (3-0)

 

《フライ級》
竹見 浩史郎 (東海大星翔)
VS
木下 秦弥 (東海大星翔)

○竹見のポイント勝ち (3-0)

 

《バンタム級》
中田 流星 (東海大星翔)
VS
村上 雄大 (九州学院)

○中田のポイント勝ち (3-0)

 

《ライト級》
村上 雄大 (秀岳館)
VS
山下 凛 (九州学院)

○村上のポイント勝ち (3-0)

 

《ライトウェルター級》
斉藤 可惟斗 (東海大星翔)
VS
西垣 未来 (菊池高校)

○西垣のポイント勝ち (2-1)

 

《ウェルター級》
上村 龍太 (開新高校)

○認定優勝

 

《ミドル級》

船脇 龍星 (開新高校)
VS
柏木 佑麻 (開新高校)

○船脇のポイント勝ち (3-0)

 

・女子の部

《ピン級》
坂本 涼 (菊池高校)
VS
石川 美優 (菊池高校)

○坂本のポイント勝ち (3-0)

 

《フライ級》
西村 零央 (秀岳館)
VS
前田 文夏 (熊本農業)

○西村のポイント勝ち (3-0)

 

《ライト級》
花田 果歩 (九州学院)

○認定優勝

 

《学校対抗》
①東海大学付属熊本星翔高校
②開新高校
③九州学院
④秀岳館
⑤菊池高校

選手・スタッフの皆さま、お疲れ様でした。
優勝された選手のみなさん、本当におめでとうございます!()

優勝した選手は来年1月に行われる九州大会(佐賀)へ。

九州チャンピオンとなって3月の全国選抜(岐阜)への切符を獲得してくれる事を期待してます!

試合中の写真については一度に掲載出来る写真に限りがありますので、また改めて投稿させて頂きます。

カテゴリー

-2016 新人戦 熊本

Copyright© 熊本ボクシング , 2022 All Rights Reserved.